不動産投資コラム

不動産投資についてのコラムを随時更新中です。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 不動産投資の成功者から見る5つの共通点
投資で成功する人

不動産投資の成功者から見る5つの共通点

不動産投資の成功者はどのような職業が多い?

まず、不動産投資の成功者の共通点を見ていく前に、どういった仕事をしている投資家が成功しているのかを考えていきましょう。

一般的に会社経営者・個人事業主が最も成功しやすいと言えます。

不動産投資はビジネスであり、損得勘定や経費の考え方、売却時のこと、税金のことなど、お金にまつわるイメージを描ける人が成功しています

サラリーマンは目の前のビジネスを成し遂げる能力は高いのですが、複合的な要素が含まれる投資は苦手な傾向にあります

わからないことはプロに任せてしまおうと思いがちで、良い専門家との出会いであればそれでも問題ないのですが、場合によっては、大きな利益をプロに得られてしまうだけになってしまうことがあります。

そのような事態を避けるために、不動産投資において成功しやすい人の特徴をお伝えしていきます。

1. ハイリスクな投資を避ける

不動産投資は購入時期・立地の状況などによって、リスクが大きく変わってきます。
成功者は、マクロな経済状況をよく見ています。

投資に関しては、自分が欲しいときが買い時ということはありません。投資マーケットの時期が悪ければ、グッと我慢して10年でも待てる。そういった人が強いのです。

また、立地に関してもそうだと言えます。

「10%程度の価格差で、3分駅に近づくことができれば、それは買いだろう。」といった認識を持てる人が成功しています。

2. 分散投資をしている

不動産はエリアによって、価値の上昇下落がはっきりと出ます。

同じエリアに集中して保有していると、エリアの価値が下落したときに逃げ道がなくなってしまうため、エリアを分けて投資を行うのも一つの手です。

また、不動産投資と株式投資、現金、保険で持つなど、違う種類の投資で分散することも大切です。

時期によって投資資金の保持比率を変えていくという柔軟性を持っている投資家が成功しています。

3. 不動産会社や不動産コンサルタントと上手に付き合う


物件情報を得るための情報源として、そして投資タイミングなどのアドバイザーとして、上手に不動産会社や不動産コンサルタントと付き合っている投資家が成功しています。

不動産会社も投資家もお互い収益を上げたいと思っていることを理解し、お互いの信頼関係の上で、Win-Winの関係を作り上げる必要があります。

そのため、お客様としての認識でいる投資家は失敗してしまうことが多いのです。
投資家もビジネスのプロとして勉強をし、勝負をしている。そんな投資家が成功を収めています。

4. 物件を自分の目で見て確かめる

物件内容・賃借人の状況によっても、投資の成否は変わってきます。

不動産は、年月とともに劣化していきます。しかし、きちんとした管理・修繕をすることによって、価値を維持していくことが可能です。

物件を自分の目で見て、建物の状況や管理状況をきちんと判断できる人が投資に成功しています

賃借人を判断する能力も大切です。どれくらいの期間借りているのか、賃料は相場通りなのか、賃料の未納がないのかなどを理解できる能力が投資の成否を分けます。

5. 出口戦略を考えて投資をする

成功する投資家は、5年~10年といったスパンで考えています。

利回りや節税といった目の前のうまみのみを求めていると、トータルで失敗してしまう可能性があります。

表面利回りが高くても、5年後に購入価格の70%でしか売ることが出来ないとなると、経費や税金、ローンの返済、空室率などを考慮すれば損をしているのです。

利回りが低くても、物件価値が維持または上昇する投資をする。それが成功する投資家の考え方です。

まとめ

不動産投資家の成功者は、経済を見ることができ、融資に頼りすぎない、ビジネスとして長期で損得を考えられる人です。

不動産は短期で収益を上げるには難しい分野といえます。不動産会社といったプロが多いマーケットでは、勝つのが難しくなってしまうからです。

不動産投資の成功者は、目先の利益にとらわれず、時を味方につけている人だと言えるでしょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事